オフィス移転に必要な費用について

オフィス移転を行う際には、いくつかの費用が掛かります。



一つが退去に基づくもの、二つが引越しにかかるもの、三つが新規開設にかかるものです。まず一つ目の費用は、賃貸借契約に基づいて行う必要がある原状回復にかかるものです。原状回復は、借りた時の状態に戻すことです。つまり、傷みが生じればそれを補修したり、汚れた部分はきれいにしたりしてもと通りにする必要があります。
これには、損傷の状態にもよりますが、坪単価で3万円前後といったところです。

大型のタワービルなど、大規模で賃料も高いところならば5万円ほどかかることもあります。

次に、引っ越し費用ですが、大体社員一人当たり2から3万円程度が目安となります。
これは、持ち運ぶ必要がある荷物などによっても変動します。
小さい会社などならば、これを自分で行うことでオフィス移転にかかる経費を節約することが可能です。



オフィス移転を業者に任せると、人件費がかかるため非常に高額になります。


業者によって価格の算定も異なるため、依頼するにしても複数に見積もりを出してもらうと良いでしょう。

そして、新規開設費用ですが、これは新しい什器を設置したり、壁紙や床のカーペットの張替えなどにかかる費用です。

@niftyニュースを理解するには正しい知識が必要です。

これは、どのくらいかかるかは、千差万別です。
什器は従前の物を使用するのであれば購入する必要がありませんし、内装も借りた時の状態で良いのであれば、手を加えることがないため特にお金はかかりません。