オフィスレイアウトはビジネスチャンスを生み出します

オフィスレイアウトは単に仕事のし易さを意識して行えばよいと考える人は多いと思います。


しかし、オフィスレイアウトはビジネスチャンスを大きく広げる要因にもなることはあまり知られていません。
最近はオフィスを顧客に見える位置に配置する企業が増えています。顧客とオフィスにいるエンジニアや営業マンとのコミュニケーションを深め、より顧客の興味と関心を深めるとともに商談などをしやすくするほか、顧客に仕事ぶりを見てもらうことで企業のイメージを向上し、顧客に良いイメージを与えるのが大きな目的です。



しかし、その際に顧客とのコミュニケーションを取りにくいようなオフィスレイアウトで有った場合には、顧客と気軽に話ができないばかりでなく、顧客に良い印象を与えられないことが多いものです。


又、仕事ぶりが顧客からよく見えない様な場合でも、顧客とのコミュニケーションが上手にできない可能性があり、商談が思うように進まないことが多くなってしまいます。



最近ではこの点を意識してオフィスレイアウトを考慮する企業が増えています。

NAVERまとめ情報はこのサイトにおまかせ下さい。

又、このような点を重視してオフィスを通りからよく見える様に配置し、通りを通る人に仕事ぶりを見せることで良い印象を与える効果を狙っている企業も増えています。

ビジネスチャンスを広げるのは商品の性能や企業の技術力、若しくは営業マンの能力だけではありません。

一見顧客とは縁遠いところにあるオフィスレイアウトも、その手法によってはビジネスチャンスを拡大する貴重な機会となるのです。